個展レポート

先日の土日に、個展をさせていただいている名古屋のhase(ハーゼ)さんの2階、
a l'etage(アレタージュ)に在廊しました。

個展をさせていただくにあたり、haseさんを訪れ、空間を拝見させていただいたのですが、
グレー、黒、カーキのマットな空間、そしてゆとりのある広さがとても心地いいな、と感じました。

そして11月6日より、展示がはじまりました。
マットな空間に、石や金属がキラリ。




百貨店などでは、いろいろな事情により、ガラスケースでの展示が多いのですが。
ガラスを通さず直接光があたるジュエリーの表情が、私はとても好きなので、こういった
展示方法ができるのはとてもうれしかったです。




そしてギャラリーの浅井さんに、夜になり、日が落ちると、影がより濃くでるんですよー、と
教えていただいた通り、時間によっても表情がかわり。
外光が入る時間とも違う魅力を感じました。




今回は内装の下地材などにつかう、かなり肉厚なフェルトを仕入れて展示に 使用しました。




在廊中はたくさんの方にお越しいただきました。
友人や、はじめましての方々、みなさまとてもゆっくりとひとつひとつのジュエリーを
手にとってご覧いただいていたのが、とても印象的でした。

私自身も、お越しいただいた皆様とゆっくりとお話をしながらジュエリーを見ていただく
ことが楽しく、とてもいい経験になりました。





名古屋をあとにする前に、ナナちゃん人形に会いに行ってきました。
今回はあまりファッショナブルではなかったなー。




私、SUは東京に戻ってまいりましたが、個展は17日まで続きます。
お時間ございましたら、お立寄りいただき、ご覧いただけましたらうれしいです。

同時に1階のhaseさんで行われている展示は、稲村真耶さんです。在廊日はバタバタしてしまい、
ゆっくり拝見できませんでしたが、東京に戻る日に立ち寄らせていただき、ゆっくり見せて
いただきました。ぜひ合わせてご覧いただいたら、楽しいと思います。

とっても素敵で、私は2客、いただいてかえりました。
東京に戻ってから、早速お料理を盛ってつかわせていただいています。
こちらもまた写真をとってご紹介できれば、と思います。


初めての名古屋での展示、とても有意義な経験となりました。
まだ展示は続きますが、また戻ってこられるように、日々がんばっていこうと思います。





SU Website →

SU Facebook →